色素沈着 予防について

MENU

色素沈着 予防について

皮膚の色素沈着の分類にによって予防が出来る場合と出来ない場合がありますが、知っておくことで余計な色素沈着の原因を防ぐことができます。

 

まず、熱傷、外傷、ホルモンバランスの乱れ、などは予測ができない為、予防は難しいです。あらかじめ、分かっている熱傷、外傷といえば美容エステなどのレーザーや脱毛になるかと思います。

 

皮膚を擦り過ぎ、掻き過ぎたりにないで、炎症を抑えるクリームを使用したり、肌に合わない化粧品類は、早めに見直しするなど改善余地はあります。

 

レーザー、脱毛などは慎重に

美容エステなどのレーザー、脱毛は場合によっては色素沈着するので、慎重に検討しましょう。特に針(ニードル)脱毛は、皮膚のダメージが強く、色素沈着のリスクが高まります。

 

曇りの日も雨の日もUVケア

日焼けによる色素沈着は、日差しの強い時期だけではなく、通年UVケアをするのが理想です。曇っている日もメラニン色素を刺激するUVA、UVBは、地上に届いているのです。曇りの日で50〜60%、雨の日で30%(晴れ日基準として)ので油断は禁物です。

 

皮膚を強く擦らない

スキンケアなどで顔、皮膚など強く擦らないことが大切です。毎日、強く皮膚を擦っていると、本来もっている皮膚のバリアが破壊されてしまい炎症性色素沈着ができやすくなります。強く擦らないとダメなスキンケアは、強く擦らないで済むようなケアの見直しが必要です。

 

相性の悪い化粧品類の使用し続けることで、肌が荒れてしまい炎症を起こしてた結果、色素沈着になる場合があるので、肌に合わなかったらすぐに使用しないことが大事です。