ナイロン性 色素沈着

MENU

ナイロン性 色素沈着

ナイロン性 色素沈着とは、長い期間、「摩擦・刺激」にさらされ、炎症を起こすタイプの色素沈着です。

 

ナイロン性といっても広い意味(ナイロン性だけとは限らない)なので、「ナイロン性皮膚炎」「接触性皮膚炎」「黒皮摩擦症」などど呼ばれていたりもします。

 

ナイロン性の下着、合成繊維や健康タオル、美容フェイスタオルなど強く擦り過ぎたり、擦られたりと摩擦による刺激から炎症を起こし、炎症が治まった後、色素沈着する場合があります。

 

また、常に摩擦の刺激にさらされている場合などは、色素沈着が慢性化してしまっているいる場合もあります。

 

何故、ナイロン性が色素沈着の原因になるのか?

ナイロン性の生地は、「皮膚よりかなり硬い」です。

 

例えばナイロンタオルで毎日、ゴシゴシと強く擦っているとナイロン生地は硬い為、皮膚が負けてしまい、やがて軽い炎症を起こしはじめます。その後、刺激によりメラニン生成が過剰におこってしまい、黒ずんだ肌の原因といわれています。

 

 

下着(ナイロン性とは限らないですが、蒸れやすい)の締め付け、蒸れなどで、かゆくなり皮膚を「掻いて」しまった結果、炎症をおこし、炎症後に色素沈着してしまう場合もあります。

 

習慣の見直しをすることが改善へのカギ!

色素沈着の原因を続けていると、いつまでたっても改善できない、慢性化になっている可能性もあるので、早期に生活習慣や使用品、着用品の見直しを図るのが好ましいです。

 

また、かゆいから「掻く」のも炎症になる元なので、炎症を抑えるクリームを塗りましょう。

 

ナイロンタオル類からもっと柔らかい布に変更する

身体の汚れが良く落ちる、ナイロンタオルじゃないと汚れが落ちた感じがしないなどの理由から、ナイロンタオルを愛用している方が多いと思いますが、「皮膚に優しい柔らかいコットン系」のタオルが好ましいです。

 

コットン系タオルに替えたからといって、ゴシゴシと強く擦らないように洗います。

 

ナイロン性の下着は良くない?

肌に優しく、通気性もよいコットン生地の下着が好ましいですが、下着の好み上、なかなか替えるのは難しいかと思います。高級感、光沢感がある下着は、圧倒的にナイロン生地の下着が多いです。

 

ナイロン性の下着の場合、サイズが重要になります。きつめの下着は避けるのが無難です。また、就寝の時はコントン生地の下着をはくなど、摩擦の刺激を減らす事が大切です。

 

かゆみの炎症を抑えるクリーム

女性なら1本は用意しておきたい炎症を抑えるクリームは、「第2医薬品類 フェミニーナ軟膏」「第3医薬品類 ラナケインS」が有名です。

 

第2、第3とありますが、第2の方が作用は強力です。別に珍しいものではないので、近所の薬局やドラックストアで簡単に手に入ります。