デリケートゾーン 色素沈着

MENU

デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみで、お悩みの女性が多いかと思いますが、デリケートゾーンの黒ずみ、色素沈着のタイプを大きくわけると下着などの摩擦や刺激による、「ナイロン性色素沈着」

 

ムダ毛処理による、「炎症性色素沈着」の場合と陰部そのものの黒ずみになるかと思います。

 

陰部、そのものの場合、本来、自分がもっている自然な色(色素)以上に色を薄くするとか、ピンクにする事は、非常に難しいことです。極端に言えば、皮膚の色を変える事と同じです。

 

また、意外に多いのが下着の締め付け、摩擦などが原因でビキニラインが黒ずみになってしまう場合です。

 

これは、ナイロン性 色素沈着と言って、皮膚より硬いナイロン生地(合成繊維)が、摩擦で皮膚を刺激され、その刺激から皮膚を守ろうとして角質が厚くなったり、メラニン生成が過剰になってしまい、その結果、皮膚が黒ずんでくると言われています。

 

デリケートゾーンの脱毛(剃る、抜く)は、腕、足などに比べ皮膚がとてもデリケートなので、炎症を起こしやすいです。

 

炎症すると修復する為、皮膚が徐々に厚くなってき、その結果、黒ずんできたりします。短期間で脱毛を繰り返すと皮膚が修復する間もなく慢性化してしまい、いつまでたっても黒ずんだままになってしまうのです。

 

ホンモンバランスの乱れ、妊娠中などは、皮膚が色素沈着したり、黒ずみやすくなりますが、一時的なので、時間が過ぎれば元の色素に戻っていきます。

 

ムダ毛処理による黒ずみ対策

脱毛をしなければ、皮膚の色も元に戻ってきますが、なかなかそうはいかないと思います。

 

脱毛する間隔をあけてみるのもいいですが、デリケートゾーンの皮膚に対して剃る、抜く行為は強い刺激になるので、デリケートゾーン専用のカッターで処理するのが皮膚に刺激を与えずに済むので好ましいです。

 

下着による黒ずみの対策

ナイロン生地(合成繊維)の下着から綿生地の下着に替えるのが好ましいですが、好みもあるので、簡単にはいかないと思います。綿混の生地の下着を選んだりナイロン生地の下着を履く日を減らす、寝るときは綿生地の下着を履くなどして摩擦による刺激を軽減する事が大事です。

 

また、下着の淵の部分は股に食い込むように当たり、最も摩擦する場所なので、ボクサータイプのショーツを履くのが大変に効果的です。ボクサータイプならハイレグタイプのショーツを違い、下着の淵が股に当たる事はありませんので、摩擦による刺激を防ぐことができます。

 

摩擦、蒸れ、掻くなどの刺激は要注意

下着の締め付け、蒸れなどで身体が痒くなり、知らず知らずに「掻いて」しまうのもNGです。特にナイロン生地などの合成繊維の下着は、通気性が悪いので蒸れやすくなります。

 

なんせ爪で、同じ場所を何回も「掻く」のですから皮膚が傷つきやすく炎症の元になります。
痒くなった時の為に、炎症を抑えるクリーム(ラナケインS、フェミニーナ軟膏など)を用意しておきましょう。

 

デリケートゾーン 黒ずみケア

ジャムウ・ハーバルソープ

デリケートゾーンでお悩みの女性達の間で有名なサイト「LCラブコスメ」が厳選したアイテム!ココでしか買えない商品が満載。ジャムウ・ハーバルソープは、黒ずみ、ニオイ、おりものをケアする女性に大人気なソープ!

 

【VL WHITE(ヴィエルホワイト)】

エステに行かなくても、誰でも、自宅で、簡単に「ビキニラインの美白ケア」が出来る美容液があったら…そんな声に応えて、今まで500アイテム以上の、美容クリニックやエステティックサロン専用の化粧品を手がけてきた「プロコスメのカリスマ」が開発した自信作!