色素沈着 原因

MENU

色素沈着 原因

色素沈着の原因は、熱傷、外傷などで皮膚が炎症を起こした場合や慢性的な炎症、ホルモンバランスの乱れ、加齢、日焼けなどにより起こります。

 

特に妊娠中の女性は、ホルモンが変化します。変化する過程でメラニン色素が刺激され増大され、黒ずみ(色素沈着)ができやすくなります。

 

「ほとんどの場合、炎症後に色素沈着します。」

 

他にもある!色素沈着の原因

ホルモンバランス以外の主な原因は、熱傷、外傷による外部からの傷が完治した後、色素沈着してしまう場合や海、リゾート地など急激な強い日差しによる日焼け、慢性的な摩擦の刺激などによっても色素沈着の原因となります。

 

皮膚を強く掻いたり、擦り過ぎて皮膚が本来もっている防御壁(皮膚のバリア)を破壊してしまい、炎症してしまったり、肌に合わない化粧品など、使用続けることによって炎症を起こしてしまい、結果的に色素沈着する場合もあるので注意が必要です。

 

色素沈着してしまう主な原因とは?

身近な習慣でも、知らず知らずに色素沈着を引き起こす原因となる場合もあります。特にスキンケアで擦り過ぎ、ナイロンタオルで擦り過ぎが非常に多いです。

 

  • 熱傷、外傷で皮膚が傷ついた場合
  • かぶれなどの炎症を起こした場合
  • 急激な強い日焼けをした場合
  • 慢性的な摩擦・刺激にさらされている場合
  • 相性が悪い化粧品類を使用している場合
  • ホルモンバランスが乱れている場合

 

以上が色素沈着の主な原因と考えられますが、必ずしも1つの原因だけとは限りません。原因が2つ重なったり、部位によって原因が異なったりする場合も少なくないのが実情です。