熱傷・外傷 色素沈着

MENU

熱傷・外傷 色素沈着

熱傷、外傷、などの傷が完治した後、皮膚の内部に色素が、沈着してしまう場合があります。

 

また、虫刺されなどによる「かぶれ」など起こした場合やムダ毛処理を念入りにし過ぎで、毛穴付近からポツポツと黒ずんでくる場合も炎症性の色素沈着の場合が多いです。

 

熱傷、外傷、かぶれなど傷が完治(治まる)してから色素沈着する為、「炎症後 色素沈着」とも呼ばれています。

 

美容のレーザーや脱毛も熱傷、外傷

美容エステなどで使われているレーザーも熱傷に値し、針(ニードル)脱毛は外傷に値します。個人差や施術者(店舗)にもよりますが、施術後、後々になってから色素沈着してしまうトラブルも少なくありませんので注意が必要です。

 

基本的に「放っておく」で自然に消滅

何かしらの原因で色素沈着した場合、時間はかかりますが、

 

何もしないで 「放っておく」

 

ことで解決する場合も多いです。

 

熱傷、外傷、かぶれなどの程度や部位によって、色が薄くなっていく期間は大きく左右されますが、ほとんどの色素沈着は、しだいに色が薄くなっていき自然に消滅していきます。

 

色素沈着の症状が軽いもので、目安として早ければ数ヶ月〜1年くらい、重度の色素沈着の場合は完全に色が消滅できない場合もありますが、3〜4年でほとんど目立たなくなるまで治癒します。どちらにせよ、色が薄くなる、色が消えるまでに時間がかかります。

 

色素沈着後、痛み、色が濃いなど、何かおかしいと感じたら医師に診てもらいましょう。