色素沈着 治療

MENU

色素沈着 治療について

基本的に熱傷、外傷による色素沈着は、自然に完治しますので何もせず、そのまま

 

「ほっといておく。」

 

程度や部位により、時間がかかりますが、だんだんと薄くなり、そのうち色素が消えてしまう事例が多いので自然治癒の力に身をまかせ、しばらく様子を見るのが無難です。

 

レーザー治療などは、場合によって有効なケースもありますが、熱傷なのでレーザー治療後、炎症をおこし色素沈着が、一時的、更に悪化してしまう恐れがあります。

 

レーザー治療を行う場合は、専門医をよく相談された上で治療を受けるのが好ましいです。

 

色素沈着の原因を早期に改善する

熱傷、外傷などの炎症が治まった後に色素沈着する一時性の場合、「 そっとしておく 」ことで、自然に治癒するケースが多いのですが、やっかいなのが「 慢性の色素沈着 」の場合です。

 

慢性の場合は、炎症が治まったかと思うと、また炎症を起こして繰り返してしまうので、炎症の原因の元を早期に突き止めるのが先決です。

 

原因をつきとめないと何時までも皮膚の色素沈着が消えず、慢性化しているのです。(化粧品が肌に合っているか、掻きグセ、ナイロンタオルで洗う習慣はないかなど)

 

レーザー治療以外での治療法としてトラネキサム酸、ハイドロキノン、ピーリングなどがあります。また、高い効果は望めませんが、美容ケア用品類などもある程度、有効といわれています。